Passi ON
Satoru Suzuki

本質から逸脱した結論


こんばんは!情熱男です。

子どもの質問はいつも率直で、本質的な質問が多くて勉強になります。
そういう意味でも子どもがたくさんいる国でありたいなと思っています。


本質

今日も鈴木敏文さんの言葉を取り上げます。


私たちは食べ物を扱っています。命にかかわる問題を抱えています。お客様の信用を考えたら、商品の鮮度について、
絶対に妥協することはできません。味や鮮度のいい商品の追求をおろそかにして、テレビで宣伝して、
売上を上げようとするのは本末転倒です。この場合、組織内部の人間関係は絶対に考えてはなりません。
「こんなことを言えば、商品部に悪い」と思っていたら、落とし穴に陥ります。会社は、経営トップの私のためにあるわけではありません。
もっといえば、社員のために、セブンイレブンがあるわけではありません。だれのためにあるのかといえば、お客様のためです。
この考えに徹底することが、結果として、ビジネスに携わる人々に対する報酬として返ってくるのです。これを絶対に間違ってはいけません。
ところが、往々にして社内では、「俺を通せ」「俺のメンツがどうだ」「こんなことをいえばあいつのメンツをつぶす」といったことが優先されます。
しかし、こんなことは絶対に許されるものではありません。仕事上、正しいことに対して、上も下もありません。
既存店の売上が下がってきているとすれば、店に対するお客様の信用度が低下しているということなのです。
なぜ、お客様の信用度が低下するのでしょうか。私たちが基本を守っていない結果です。
私たちの原点になる仕事に対しては、絶対に妥協を許さないで厳しく見つめ直さなければなりません。

(鈴木敏文 考える原則 から抜粋)



まさに当たり前で本質的な文章ですね。
商品の鮮度よりも大きな問題があるわけがありません。そこにいろんな人が関わることで利害が重なり、
なぜか本質から逸脱した結論に導かれることが多いのです。

もちろんお金は有限ですから、お金をかけるだけかける結論だけでは良いわけありません。
ビジネスにおける答えは無数あるはずですが、この場合の課題解決において、「商品の鮮度を下げる」方法を取ることはNGということです。


こんな当たり前のことを書いていますが、ふと自分の会社で振り返ってみると、不思議な会話がいっぱいありませんか?
僕は社会人生活で何度も見かけたことがあります。

この本質がぶれず、課題解決の方法を無数に試行錯誤デキる人が、本質的なイケてるビジネスパーソンだと思います。
私は高度にこういう視点を持っている人を数人知っていますが、特大に尊敬しています。
先輩でも後輩でも、こういう人たちと仕事をしていると楽しくて仕方ないですよね。

「既存店の売上が下がってきているとすれば、店に対するお客様の信用度が低下しているということなのです。
なぜ、お客様の信用度が低下するのでしょうか。私たちが基本を守っていない結果です。」


まさに自分原因論で、この視点に立ってなければ、本質的な対策に至れません。
今回はセブン-イレブンの話だったので、商品の鮮度でしたが、それぞれの会社に絶対に譲れないポイントはあるはずです。
それが会社にとっての、サービスにとっての、ブランドプロミスであるからです。ここを失ったらなにも残らないですよね。

GW明けで、とても身にしみる言葉でした。

本質論で妥協しない、、、、情熱!!!!

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+