Passi ON
Satoru Suzuki

おれも、ねばるよ。おまえも、ねばれ。

こんばんは!情熱男です。

サクラは散りましたが、今週末は暖かくってピクニック日和でしたね。
今日はこんな糸井さんの詩を。

打席に立ち続ける


年下のともだちにメールの返事を書いていて、
最後に、ほとんど無意識に「ねばれ!」と書きました。
「ねばれ!」しかないんですよね、たいていのことは。天からの掲示も、ありがたい偶然も、
ねばっている人のところにやってくるわけで、おそらくそれは「考えつづけている」というのと、
同じことなんじゃないかなぁ。
打席に立ち続けていて、退かない。
答えが出るまで、終わりにしないという態度が、「ねばる」じゃないかと思うんです。
ずいぶんと芋臭い、「ひらめき」というものも、打席に立っているからこそ、のものなんです。
運を頼むのはオッケーなんですが、頼みつづけていないと運に当たらない。
頼みつづけることを「ねばる」わけ。おれも、ねばるよ。おまえも、ねばれ。

(糸井重里 ボールのようなことば。)



なんてストレートで、素敵な言葉だなって思うんです。

結局は打席に立ち続ける人に運は舞い込んでくる。本当にそう思います。
打席に立ち続けて、「ねばる」ということは、考え続けなければいけないことなんですね。
それだけで大変なことだと思います。それゆえ、当たり前と思う打席に立つことさえ逃げる人がいっぱい。

これから私も「ねばれ!」と自分にも後輩にも言い続けたいと思います。

糸井さんが「ひらめき」も打席に立ってなければ閃かないといっているわけで、そういうことなんですよね。
カッコつけているだけじゃ、なにも起こらないんです。

プロ野球も、仕事も一緒ですね。打席に立ち続けることが一歩であり、全てなのかもしれません。
打席に立つためには努力が必要だし、立ち続けるにも努力を続け、考え続けなければならない。


明日もねばろう、、、、情熱!!!!!

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+