Passi ON
Satoru Suzuki

経営者についていけるかのライン

こんばんは! 情熱男です。

今日は松下幸之助さんの言葉を久しぶりに。


戦国

「一将功成りて万骨枯る」という言葉があります。だいたいの場合、その言葉のとおりだと思います。
天下を取るような人はたくさんの人をかかえています。その人たちが犠牲になって天下を取るというのが普通の姿でしょう。
しかし、一応はそういう姿であっても、その大将が、いざというときには軍勢は逃がしても自分は踏みとどまって、
軍勢が逃げ切るまで戦い抜く、自分はみんなのために死ぬという覚悟を、常にもっていることが大切です。
そういう覚悟ができていない大将であれば、部下もほんとうにその人のために働こうとはしないでしょうから、
結局戦争に負けてしまって、功成ることにはならないと思うのです。われわれの商売、経営でも同じことだと思います。
経営者に求められるものはいろいろありますでしょうが、そういう覚悟があるかどうかがいちばんの問題だと思います。そういう心根は、
ほんとうはみんなに分かるもので、それがなければ、みんなが心から敬服してその経営者についていくというにならないと思うのです。
経営者の方も、そういうものをもたないと、妙に遠慮したり、恐れたりして社員を叱ることもできなくなります。
それでは社内に混乱が起こることになってしまいます。
ですから、やはり経営者たるものは、いざというときには部下のために死ぬという覚悟を、常にもっていることが大切だと思います。
といっても、戦国時代とは異なる今日の時代においては、実際に命を取られるということはめったにあるわけではありません。
しかし、いわばそれほどの思いをもって日々の経営にあたるのでなければ力強い発展は期し得ないということです。
そしてそのような経営者の平素の心根がいちばんものをいうのが、会社が困難に直面した時ではないでしょうか。


(松下幸之助 心得帳)



覚悟ある人間ではないと、大成はできないというところでしょうか。

当然経営者が資本をもっているケースが多いです。それゆえ経営者と従業員という図式は、
従業員が現場で戦っていることが日常だと思います。漫画キングダムや戦国時代の伝聞を思い起こすと、
やはり将が戦場の矢面にたつほど士気があがります。そういう意味では、「危険」を顧みず戦っている将の姿は、
やはり大事なんですね。
でもいざ社会に目を向けるとどうでしょうか?

結局戦っているのは現場だけで、「一体なんのために働いているのだろうか?」なんて従業員が思ってしまうような環境が
多いのではないでしょうか? きっと想像以上に経営者と従業員の意識にギャップがあるのだと思います。

これを埋めるには、経営者が、自ら死ぬ覚悟を見せていくことが大事だと思います。
それぐらいの意識、目線、言葉の力で語りかけていかないといけないわけですね。


情熱男としては、情熱的な文章だったので刺激を受けずにはいられなかったわけです。

困難なときほど、最前線に立って戦い続けましょう!



みんなのために死ぬという覚悟、、情熱!!

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+