Passi ON
Satoru Suzuki

非戦・非攻・非久


こんばんは!情熱男です。

今日は孫子の兵法から抜粋してみます。


戦わずして勝つ

善く兵を用うる者は、人の兵を屈するも、戦うに非ざるなり。
人の城を抜くも、攻むるに非ざるなり。人の国を破るも、久しきに非ざるなり。

これは自分にしかできないという「オンリーワン」の分野を持ちなさい。そうすれば戦う必要もなくなる。
よしんば争いごとを生じても、長引かせないことを第一義とするべきである


(超訳 孫子の兵法 より抜粋)



これは「非戦・非攻・非久」といって孫子の戦略の3つの基本とするもののようです。

・戦わずに勝つ方法を考える(非戦)
・自分から力技で相手をねじ伏せない。相手が追いつめられて内部から崩れるような方法。(非攻)
・もう争わないわけにはいかないとなったら、それを長引かせない。早い内に戦いは終わらせる(非久)



誰にも真似できないようなオンリーワンの分野を持つこと。
そうすれば、「勝てない相手に戦いを挑んでくる人はいない」という考え方ですね。

まさに理想的ですよね。やはり争うということは、どちらも傷つくということです。
どんなに一方的でも、それなりに傷つきます。
そういう戦い方は得策ではなく、百戦錬磨のコツは、戦わないことなのかもしれません。
そんなオンリーワン作ることは、とっても難しいことですけどね。それだけ価値あることです。

目立たずに成長している企業は、すでに「戦わない」強みをもっている企業かもしれませんね。
目立っている企業ほど、戦い続けている。勝っているかもしれませんが、傷ついているのかもしれません。
争ったとしても、すぐに戦いを終わらせる勇気も必要ですね。勝ったとしても負けたとしても。



オンリーワンをつくる!戦わずして勝つ、、、情熱!!!



Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+