Passi ON
Satoru Suzuki

行動と想像の関係

こんにちは!情熱男です。

今日は娘のお宮参りに行ってきました。
3人兄弟になり、子どもたちの幸せを願うばかりです。

子供
そんな中、今日はフランスの哲学者アランの幸福論の一節を
取り上げてみたいと思います。


不幸を遠ざける方法として、「考え方を変える」というのはよく知られたものである。
しかしそれは正しい方法ではない。なぜなら強大な苦痛の前では「思考」はまったく
力を持たないからである、そうではなく必要なのは適当な運動をやってみることだ。
微笑み・あくび・肩をすくめるなどである。これらの運動はたちまち体内の血液循環を良好にし、
気分を和らげてくれるだろう。

(アランー幸福について)


運動が憂鬱に有効なのは、心と身体は互いに影響しあうものだからだそうだ。
「行動」と「想像」は同時に行うことはできない。
人の苦しの多くは「想像力」によるものだから、身体を動かせば気分は楽になる。



かなりハラオチする説明だと思いませんか?

不幸や憂鬱な時間から、自分を遠ざけるには、同じ土俵で延々考えるのではなく、
身体を動かす気分転換の方が大事だということだ。


子どもたちはいっぱいこれから経験をする。その時たくさんの壁にもぶつかる。
あまり一つのことに集中させすぎず、いろんなことを同時にやらせていくことが悩まずに体験し続ける
ポイントなのかもしれないな。

私自身も身体動かしていかないと、憂鬱に取り憑かれてしまうかもしれない。
行動と想像は同時にはできない。悩んだときは、運動だな。悩みって取り越し苦労なことって多いもんな・・・


不幸を寄せ付けない、、、情熱!!!

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+