Passi ON
Satoru Suzuki

水のように柔軟に生きる

こんにちは!情熱男です。

今日も前回に引き続き、老子・荘子の言葉からピックアップしていみます。
とても本質論で、心が洗われますね。スケールがでかすぎて、到底近づけないですが・・・


上善は 水のごとし(老子八章)
理想的な生き方を水に見つけた 水のように柔軟に生きる。最上の「いい」ことというのは、たとえてみると、水のようなものである。
「水は善く万物を利して争わず(老子八章)」 水は、万物に利益を与えていながら、けっして、他と争わない。水は、丸い器に入ると、丸くなる。
四角の器に入ると、四角になる。どんな形の器にもさからわない。柔軟であり、謙虚である。そして水は、いろいろなものに利沢(利益と恩沢)を与えている。
この自然の中で、水なくして生きているものは、一つもない。それほど偉大な存在でありながら、水は、けっして、誇ることをしない。
世の人は、だれもが一歩でも上へ、一つでも高い地位を欲しがっている。水はその反対に低い所へ低い所へと流れていく。
つぎつぎ支流をかかえて、だんだん広く大きくなっていく。しかも、最後は海に流れて、偉大な存在となる

(老子・荘子の言葉100選)



水



水をこういう見方で改めて考えてみると、本当に偉大な存在ですね。
上とか下とかいう考え方は嫌いですが、水の潔さみたいなものは、人の道に通ずると感じます。

柔軟に、変化に対応できる人間であるというのは、進化論的にもその通りですし。

人は人と関係しあって繁栄してきたわけで、そういう意味では、「どんな形の器にもさからわない」で対応するという
姿勢は自分を進化させる上で重要な考え方だと思います。


皆さんもこの言葉を読んで、何か感じることあるのではないでしょうか?
歴史の言葉は深く大きいですね!

自然の摂理に従うがままのように感じる部分もありますが、いい部分だけ共感できればいい気がしますよ。



上善は水のごとし、、、、情熱!

Share on FacebookTweet about this on Twitter
Share on Google+