Passi ON
Satoru Suzuki

エネルギーをビジネスという増幅器にのせる

こんばんは!情熱男です。

今日はこんな言葉を取り上げます。

 

私が考えるビジネスの成功

お客様に、常にありがとうと言って
いただけるように、お客様の感動や
満足にとことんこだわったビジネス
構築を常に心がけること。

モノやサービスを販売して、信者を
増やすこと。人やモノが本来持って
いるパワーやエネルギーを、その
モノと、そのサービスに注ぎ込み、
そして、そのエネルギーをビジネス
という手段を媒介して、増幅して、
お客様にお届けすること。
それがビジネスの役割である。

「エネルギーのあるものは、
エネルギーのあるうちに、
エネルギーがあるままにお届けする」

こと。
本来であれば、ビジネスというものは、
商品やサービスが流通していく中で、
各機能がエネルギー増幅器としての
機能をもたなければいけない。
あらゆるステークホルダーに対して、
エネルギー増幅器でなければならない。

(ベンチャーズ☆ハイ 渡邊健太郎 著)


o0800060012838034375

書籍自体も臨場感があって面白いけど、
この言葉がとても面白い表現だなって、
読んだ時思った記憶がある。

モノやサービスを作るスタート地点の情熱・エネルギーは莫大なものだ。
そこからたくさんの人が絡んでいき、サービスができあがる。
そのエネルギーをビジネスという増幅器に乗せて大きくしていく。
言い換えれば、最初の熱量とその後の増幅器
の機能で社会に大きく貢献できる
サービスかが決まるわけだ。

最初の熱量が小さいとそもそもねってこと。

とても面白い表現で、ハラオチした。

私もできるだけエネルギーがあるがままに顧客に届けるという視点で、
サービスをみていきたいなって。
 
そういう意味で、世の中のスタートアップ、ベンチャー、成長企業、
が世界の熱量を作っているわけだ。
 

考えるだけでも興奮する。
くだらないスキームに四苦八苦している
場合じゃなく、最初の熱量とそのあとの
増幅器をどうするか?これだけだ。

きっとあるがままに届けるには、シンプルなビジネスモデルじゃないとね。
お弁当も冷めちゃマズいしね、、なんて。。。


燃えてきた、とても燃えてきた
 

エネルギーをあるがまま届ける、、情熱

 

 

Share on FacebookTweet about this on Twitter
Share on Google+