Passi ON
Satoru Suzuki

自分の内側に目を向けろ 無尽蔵に掘り出せるもの

こんばんは!情熱男です!

今日は、超訳吉田松陰から一つ取り上げてみます。 


無尽蔵に掘り出せるもの

自分の外にあることは 求めたからといって、得られるものではありません。
外にあることというのは、わかりやすく言うと、「お金持ちになる」「有名になる」「人脈ができる」
みたいなことですが、これらは結局、得ようとして、得られるものではありませんから、
ここに心を尽くすのは馬鹿げています。
一方で、自分の内側にあるものは 求めれば、いくらでも得られることができます。
内側にあるものというのは —人を思いやる気持ち。損得を考えずに、やるべきだと思うことをやる気持ち。
礼儀を守る気持ち。知らなかったことを、知ろうとする気持ち。仲間との約束を守ったり、本音を言い合ったりする気持ち。

これらの気持ちは、求めれば誰でも無限に手に入れることができます。そして求めれば求めるほど、
自分と、自分を取り巻く世界のことが好きになるのです。いくら費やしても、損はありません。

(覚悟の磨き方 超訳吉田松陰)


insideout


とても端的にまとまっている文章だと思います。
「7つの習慣」で書かれている、『相手を変えようとする(=アウトサイド イン)ではなく、
あなたから変わろうとする(=インサイド アウト)』というものと同じですね。


結局は問題を外に置いている限り、何も解決はしないってことで、当たり前のこと言っているだけですけどね。
いざそういう問題に直面した時に、自分原因で考えられないことは多い。
それゆえ、とても意識していない限り、インサイドアウトの行動はできない。

そういうことだと思います。

説明もいらないぐらい明快に説明されているので、今日はこれぐらいで。

自分の内側に目を向けよう、、、情熱!!




Share on FacebookTweet about this on Twitter
Share on Google+