Passi ON
Satoru Suzuki

「他人事」の空気に呑まれない


こんばんは!情熱男です。

「覚悟の磨き方」って本を読みまして、良い感じで行動規範的にまとまっていたから、
私が大事にしていることをメモしていきます。
先輩に紹介してもらったけど、良い本ですね〜。


「他人事」の空気に呑まれない

「これからどうなっていくんだろう?」そういう主体性のない言い方をする人とは、
かかわりあう価値がありません。
自分たちの運命を、まるで世間話かなにかと勘違いしているようですから。
「自分にできることはなんだろう?」
自分が属しているものはすべて、自分自身の問題として向き合うべきです。
ただ、むやみに「他人事のように語っていてはだめだ」と非難することもやめましょう。
それも世間話をしているのと、あまり変わりませんから。

(覚悟の磨き方 ー超訳 吉田松陰)




チーム



吉田松陰の考え方は軸にあるけど、吉田松陰の本ではないですね。
ただ、わかりやすい良い本だと思います。

この「他人事」の話。チームや組織とっては、私は一番大事にします。
この段階を超えない限り、この他人事を脱却しないかぎり、大きな成果は得られない。

「これからどうなるんですか?」
「これからどうしたいんですか?」
「このチーム(会社・組織)の先が見えません」

こういう話を繰り返した先に、その人の未来はないですよね。
「自分がどうするか」をまず提示しないといけない。そんな単純な話です。


書いていて恥ずかしくなるぐらい、当たり前のこと書いてるんですが、
全員が当事者意識をもったチームってそんなに簡単じゃない。


ついつい他人事発言に叱りたくもなりますが、かかわり合うこと自体が生産的ではないようですね。
自分も他人事に巻き込まれないようにしなければなりません。ズバッとこの本に書かれています。

手段はどうあれ、「自分にできることはなんだろう?」の連鎖を起こすチームを作りましょう^^

当事者意識、、、情熱!



Share on FacebookTweet about this on Twitter
Share on Google+