Passi ON
Satoru Suzuki

変化に飲み込まれて時間を浪費するか、 飲み込まれず考え、行動するか

こんばんは!情熱男です。

在宅勤務という新しい働き方にワクワクしながら、
2ヶ月前ぐらいまでの日常を羨ましく思ったりしています。

最近こんなことを考えています・・・


論理では「意味を作れない」という問題です。
すでに、現在の世界では「役に立つ」よりも「意味がある」ことの方に高い経済的価値が認められている
点については指摘しました。「役に立つ」ということは、明確化された問題に対して解決策を提供する
ということで、この領域では論理や分析は大いに力を発揮します。
しかし「意味がある」という市場において価値を生み出すことはできません。
ゼロからイチを生み出す「意味の創造」は、論理でどうこうできる問題ではないのです。


山口周 著 ニュータイプの時代 より抜粋

今年に入って新型コロナの影響で、様々な生活が変わりました。

少なくとも「意味があるように感じていた」ものが「意味がなくなった」こともあれば、
「意味を感じなかった」ものが「意味を感じる」」ようになったものもあります。

環境の変化というのは、こうやって新しい時代をつくっていくのかなと思っています。

山口周さんが言うことは、私はかなり納得感高いのですが、
「明確化された問題」の解決策というものは、インターネットによって
本当に価値が激減したと思います。
ほぼ同じ時期に同じような回答を持てるだけの情報が溢れているから。

そして問題提起をする力の方に価値が大きくなっていると。

長くWEB業界にいるWEBおじさんになりましたが、今回の新型コロナの状況を
見ていても、この状況で、生活スタイルが変わる時に、新しい意味・価値は
何なのか?というまだ不確かな仮説に対して、新しいサービスを考え、行動
している姿がWEBのスタートアップ業界には見えます。

どんな時代にあっても、大事なものは「時間」。

たくさん変化が起こっている中で、その変化に飲み込まれて時間を浪費するか、
飲み込まれず「考え」、「行動する」時間にするか。


結局はこの変化へ当たり前のように向き合う心だったりするんですよね。
本当に変化の多い時代にいれてよかったなと実感します。

暗いニュースも多いけど、時間は流れていきます。
今この瞬間にできることを、それぞれの領域でやるしかない。
そしてその中で見える新しい「意味」を創造することで、たくさんの
社会の人たちが幸せになればいいなーと思います。

とにかく明るく、前を向いて、情熱男はオンラインミーティングを繰り返すのでした。

なんだ、この終わり方は・・・


今やれることをやり尽くし、未来をつくる、、、情熱!!!


こちらも読んでいない方はぜひ読んでみてくださーい↓ 情熱男の本です!(宣伝)