Passi ON
Satoru Suzuki

ムダが足りない時代

こんばんは!情熱男です。


今日は今年話題になった本
ドワンゴ川上さんの「ルールを変える思考法」
で私がいいなって思ったところを
引用します。

 

不景気のためでもあるのでしょうが、
いまの世の中は「ムダなものを切り捨てる
価値観」に支配されています。
しかし僕は、ムダなことも必要であり、
ムダなことに対するニーズも少なからず
存在しているはずだと考えています。
そもそも人間は、知らず知らずのうちに
ムダなことをやりがちで、ムダなことを
するのが好きな面があるものです。
しかし、今の風潮に流されて、誰も
好き好んでムダなことをやろうとしません。
そのため、いまはムダなことが不足している
状態になっています。
そうだとすれば、「ムダなこと」が逆に
希少となり、だからこそ価値を持つこと
にもなる。

(ルールを変える思考法 より抜粋)


 

t02200092_0660027712786989871

 

遠回り

ムダ
無意味なこと
ぼーっとする時間
遠回り


 

確かにこういうものから遠ざかっている
時代だと思う。
あんまりこんな視点で考えないので、
面白い見方だなって率直に思った。

確かにムダなことやっていると目立つ。

直線的に何でも最短距離でできる時代。
なんでそんなムダなことするんだろう・・・。
なんかそんな声をよく気がする。

結構楽しい経験とか、心に優しい時間って、
こういうムダだったり無意味な時っていう
感じがしませんか?

 


やはり今このムダっぽいことに
人は密かな憧れがあるのかもしれない。


 

こんなことを書きながら、
私は本当にムダなことが大好きだなって
お酒を飲んでいる時は、本当にくだらない
話ばかりしているし・・・
ムダに盛り上げたり、盛上がったり・・・。

この視点で、私も面白いことできないか
事業面でも考えてみようと思った。

社会も急ぎ過ぎて、疲れてきている感も
あるから、こういうムダも混ざった方が
健康的だと思う。

 

ムダも楽しもう、、、情熱


 

 

Share on FacebookTweet about this on Twitter
Share on Google+