Passi ON
Satoru Suzuki

圧倒的なスピードが熱をつくる

こんにちは!情熱男です。

引き続き、かなりテンション高く仕事しています。


自社サイトで簡単にライブコマースを実現 Live Shop! 



この事業を新しい仲間で仕事をしています。新しい仲間と仕事をすると、当然相手にも私にも仕事の進め方ってのがあって、

そのギャップみたいなのを、どうスピードに変換・昇華させていけるかってところが、かなり楽しく大変な部分でもあります。



「スピードは熱を生み、量は質を生む」尊敬する週刊文春編集長・新谷学の言葉だ。


(死ぬこと以外かすり傷 箕輪厚介 より抜粋)



最近読んだ箕輪さんの本に、いい言葉が書いてありました。

新チームを結集して、コトを起こす。そのチームで何が重要かっていうと、「熱」「熱風」だと思うんですよね。

そして、それを起こすのは圧倒的なスピード。チームもその周りも巻き込むようなスピード。

事業をやりきるには、ひたすら課題をシューティングしていかないといけない。

だからものすごい時間分の仕事をスピードでこなしていくしかない。「量」が大事です。



「新しいショッピング体験」を「ソーシャルビデオ」で。このテーマでライブコマースを

取り組んでいるわけですが、こういったビジョンへの目線合わせみたいなものも、毎日
同じ会話を中心に話していないとどんどんずれていくわけです。
だから事業を進めるということは圧倒的会話量・タスク量を圧倒的スピードでこなし、その分PDCAが
回りまくって、質が高まるってことなんですよね。



この単純なことができた先に、成功・失敗みたいなものがはっきりわかると思うんです。
正直このプロセスができていなければ、本来は成功しているものだってたくさんあると思います。



とにかく超苦しいことも多いけど、笑いながら、圧倒的スピードで進めていきたいと思います。

そんな今と共感してしまったので、朝から書いてみました。


「スピードは熱を生み、量は質を生む」 いい言葉だな。



仲間たちと圧倒的スピードで熱をつくる、、、情熱!!!!