Passi ON
Satoru Suzuki

ボケ症状の単純なサイクル

こんばんは!情熱男です。

子供達の成長が著しくて、毎日が激しく過ぎていきます。
子育てほど、簡単にいかないものはないんじゃないですかね、とても楽しんでいます。




最初は忙しいからやらないつもりでいても、いつの間にか苦手になり、苦手になるとますますやらなくなり、
やらなくなるとできなくなるという、その悪循環の先にあるのが、じつはボケ症状です。
最近、相手の話をしっかり聞かなければいけない場面で、何となくぼんやりしてしまい、
内容がうまく捉えられない、言葉が記憶に残らない、自分の考えを伝えようとしてもそれがまとまらない、
単語しか出てこない。

フリーズする脳 思考が止まる、言葉に詰まる (生活人新書)


結局のところ、ボケ症状的なことって、小さいことを「考えなくなる」ことで生まれるということですね。

人は甘きに流れるとはよくいったもので、自分がやらなくてもきっと誰かがやると思えば、
当然その通りやってしまうわけで、そうすると、今度はこれも、今度はことも、、、と、
何もやらなくても周りの人がどんどんやってしまう。
これはこの人は望んだ状態ではあるんだけど、
実際はもはや「存在価値」を失っている状態のわけです。

学校でサボることと、社会でサボることはニアリーではなく、自分の価値を提供できなければ、
社会ではプロフェッショナルとして、やはり恥ずかしいと思うのです。

歳をとるにつれて、経験は増していき、昔は苦労したことも簡単にできるようになったりします。
それは「楽になった」と捉えるか、「次のもっと難しい課題に向かおう」とするかで大きく変わると思います。
当然体力は若い時よりは少ないわけなので、とってもシンドイことなんですが、ここで差が出ます。

油断していると本当に、「内容が捉えられない」なんてことも起こってきちゃいますよ。
そんな時は、自分の中で一つ一つ小さなことも考えて、意見を持つだったり、当たり前のことをしっかりやる。

ボケの話とは違いますが、チームだと仕事は少しぼやっとしますが、一人一人のバリューが噛み合えば、
間違いなくいい仕事ができるわけです。少しでも後悔の仕事があるとすれば、それはチームの誰かが
100%以上できなかったことだと思います。一人が100%じゃないとかけ算はどんどん悲惨な数字になりますし。

「最初は忙しいからやらないつもりでいても、いつの間にか苦手になり、苦手になるとますますやらなくなり、
やらなくなるとできなくなるという、その悪循環の先にあるのが、じつはボケ症状です。」


この単純なサイクルが起こらないように、毎日を「考えて」過ごしていきましょう。


甘きに流れない、、、、情熱!!!!!!