Passi ON
Satoru Suzuki

40代も今という時間に投資していく。

こんばんは!情熱男です。

40歳になりました。想像していた40歳とは違いますが、今にフォーカスして歩いている分、
こういう微妙は方向の違いは楽しんでいます。

40代をさらに激しく過ごすために、佐渡島さんの本から抜粋します。




「世の中で誰がリスクを取っているのか」「何を投資しているのか」という視点で世の中を眺めると、
また違う世界が見えてきます。
サラリーマンは、お金を一切投資していません。
その代わりに自分の時間を会社に投資して、お金で返してもらおうとしている。だから、投資効率が悪いのです。
会社の就業時間中にサボると得した気分になるのは、会社に渡している時間を自分のものとして使えたからでしょう。
しかし、二度と戻らない時間をサボる時間に投資することは、実はリスクの高いことでもあるのです。
「時間の有限性」をどれほど意識するかによって、サラリーマンであることと起業することのどちらのリスクが
大きいか、その答えは変わるはずです。 とにかく、買っていない宝くじは絶対に当たらないのと同じで、
張ったリスク分しかリターンは返ってこない。それがこの世界のルールなのです。



ぼくらの仮説が世界をつくる 佐渡島 庸平 より抜粋)


この本、この一節ではかなり極端な書き方をしていますが、僕もそう思います。
結局のところ、人生で取り返せないものが「時間」です。もっとも大事なものは「時間」です。
サラリーマンは時間を差し出して、安定した給与を得ているわけです。

リスクをとった人生を選んでいくべきってことではなくて、サラリーで働いている人は、
時間を投資していると理解している必要性があります。
時給、日給、月給、すべて、時間=給与なわけです。
かけがえのない時間を投資しているわけだから、本気で向き合う必要があります。
本気で向き合えない事情があるのであれば、本気で向き合えるコトに向かっていくべきだと思います。
その今の環境にこだわっている理由は何か考えてみたらいいと思います。
お金、、、だとしたら、もっと時間を有効につかえるコトに向かいましょう。

私は、偉そうなこと言える境遇ではないけど、10代、20代、30代を「今」にフォーカスして
本気で仕事に向き合ってきました。それで40代を迎えました。自分への投資を続けています。
経験も、仲間もたくさん増えて、体力もまだまだある40代は、一番勝負しどころだと思っています。

会社もそうですが、どうしてもやりたいことも幾つかあるので、
すべて本気で向き合っていきたいと思います。そっちも仲間と楽しくやっていきます。

人生有限、よく会う人も、最近会ってない人も、何か僕とやりたいなんて思っていたら、
いつも通り気軽に声かけてくださいねー!


毎日を一生懸命、、、、情熱!!!!







Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+