Passi ON
Satoru Suzuki

行動でも思考でも反復こそが力である

こんばんは!情熱男です。

熱い仲間と出会えると、さらに熱が増していく感じがします。
今日は自助論から、習慣に関するおしえをピックアップします。


よい習慣を培えば、人格も立派にみがき上げられる。古くからいわれるように、人間は習慣の寄せ木細工であり、
習慣は第二の天性なのだ。「行動でも思考でも反復こそが力である」と確信していた詩人メタスターシオは、
「人間においては習慣がすべてだ。美徳でさえも習慣にすぎない」とまで断言した。(中略)
ロシアの一作家は、「習慣は真珠の首飾りだ。結び目をほどけば、真珠はことごとく糸から抜け落ちてしまう」と語った。
これは習慣の本質をみごとにいい当てた比喩である。人間は若いうちに修練を積んで、正しい習慣をみっちり叩き込む
必要がある。実際、習慣は若いうちほど身につきやすく、一度身についたら終生失われはしない。
ちょうど木の幹に刻まれた文字のように、時代を経るにつれて大きくなっていくのだ。

(自助論 スマイルズ より抜粋)






私も習慣こそ大事だと思います。
習慣になるかどうかで、自分のスキルになるかどうかが決まってきますよね。
逆に続かなければ、身につくものはありません。

スポーツ選手の本にもよく書かれている素晴らしい格言で、

「心が変われば行動が変わる 行動が変われば習慣が変わる 習慣が変われば人格が変わる 人格が変われば運命が変わる」

という格言があります。
ここにもある通り、習慣が変われば人格が変わるわけです。
時間がかけてでも、習慣が変わるようにひたすら行動しないといけないわけです。

ただこれって子供の時の成功体験が重要だと思うんです。
たとえば、努力をし続けて全国大会にいったとか、試験に合格したとか、何かしらの壁を乗り換えるには、
毎日何かしらの習慣が必要だと思います。一度でも習慣が実った経験が、継続の力になると思います。
若いうちに達成感を味わっていないと、なかなか努力を続けるってことが辛くなってくるはずです。


年齢を重ねると、より人間性の厚みが必要になってきます。そうなると習慣もリターンを求めている場合ではなく、
より人間性に深みができるような習慣をひたすら続けていく必要があると思います。まさに自分との戦いですね。
そういう意味でも、小さい頃から習慣で成功体験を続けないと、大人になると継続が面倒になっちゃいますよね。

「今皆さんは、何を習慣としていますか?」

私も小さなことでも、どんどん習慣を増やしていきたいと思います。




行動でも思考でも反復こそが力である、、、情熱!!!!




Share on FacebookTweet about this on Twitter
Share on Google+