Passi ON
Satoru Suzuki

「幻想の限界」と「現実の限界」


こんにちは!情熱男です。

元気だけが取り柄ですって言う人いるけど、元気ってものすごい大事な力だと思います。


限界



「幻想の限界」と「現実の限界」

人は思い込みで幻想の限界を作ってしまう。心のキャパシティを見極め、現実の限界に挑んでいこう。

(弱者の勇気 栗城史多 より抜粋)


続けてこう書いてある。
ぼくは「No Limit」という言葉を大切にしている。でもこの「Limit」とは自分の頭のな中で作ってしまった幻想の限界のことで、
心にも体にも確かに限界はある。


普段の生活で、体力的な限界のシチュエーションはそこまでは無い。
つまり私たちのすぐそばにあるものは、「幻想の限界」なのだということだ。

もうこれ以上できない、これ以上良いものはない、ここが落としどころだ。
そうやって、どんどん幻想の限界の基準を下げていく。そうすると人の伸びしろはなくなっていき、到達できないゴールだらけになる。

人は頭が良い。生存戦略に優れている。それゆえ、幻想の限界が生まれてくる。
しっかりと「現実の限界」に向き合い、それ以外の幻想には囚われたくない。向き合うべきは「現実の限界」である。

そのためには常にストレッチな地点に目標を置き、そこへしっかりとした計画を立てる。
それで目標までたどり着けないこともあるけど、それを繰り返して現実の限界を超えていく。


今一度、自分が幻想の限界に囚われていないかを振り返ってみたい。

僕たちはまだまだいける。限界に想像を膨らませるのではなく、どこまでもどこまでも夢を膨らませていこう。
そして現実の限界を少しずつ超えていくんだ。


現実の限界を超える、、、、情熱!!!






Share on FacebookTweet about this on Twitter
Share on Google+