Passi ON
Satoru Suzuki

豊かさとは何だ

こんばんは!情熱男です。

どんな状況でも明るく暮らしていたいと思います。
今日はよく取り上げる土光敏夫さんの言葉を考えていようと思います。


タバコ代と昼メシ代

豊かさとは、いったいどういうことか。それが果たして人間の幸福につながるだろうか。
初めは何もないから、いろんなものを欲しくなるのは仕方ないだろう。しかし、自動車や別荘をもったからって幸せかというと、たいしたことはない。
ボクら、そんなの厄介だから欲しいとも思わない。お手伝いも置いたことないし、生活はきわめてシンプルですよ。
ボクはいってるんだ。別荘なんかも個人で占領せず更生施設にしたらいい。所有する必要はないと思うんだ。金にしたって同じこと。
余分にもって苦労している人がいるんだから。足りればいいんだよ。ボクなんかタバコと昼メシ代だけ。あとはいらない。


(土光敏夫 信念の言葉より抜粋)


なんだ



超一流の経営者がこう書いているのだから、その通りだと思う。
豊かさとは難しい。土光さんが書いている通り、最初は欲しがるのは当然で、好奇心も強いだろう。
今の世の中でマズイのは、なぜかずっと欲しがる人が多いこと。これでは、経済的に豊かな人にどんどん経済が集中していく。

世界人口100億人時代に突入するのだから、経済的な寡占が過度にならないように、うまーくシェアできるような時代にしていきたい。
この時代に土光さんも言っているからすごい。

本当は足りればいい。冷静になれば、みんなそう思っている。でも足りないではなく、余分に欲しくなる
だからどこかで不足が起こる。

そろそろ、みんなで豊かな地球をつくるために、資源を大事にしていきたい。
少なくとも、「分け合う」ことがもっともっと簡単になればいいと思う。個々の姿勢とシステムで分け合う。

今の先進国に住む私たちがその道筋をつくらないといけないと思う。
そんなことを考えさせられる一節でした。


分け合う、、、、情熱!!!!





Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+