Passi ON
Satoru Suzuki

小さなことこそ真心込めろ

こんばんは!情熱男です。

就職活動生や新卒と向き合っていると、心から挨拶しているか、杓子定規に挨拶しているか伝わるものです。
挨拶という意味を考えて、日々心を交わしましょう。

真心


小さなことこそ真心込めろ

仕事ができない人間に決まって共通点がある。小さなことや、片隅の人を大事にしないことだ。そんな人間に大きな仕事ができるわけがない。
雑用をいい加減にやったり、人との約束を簡単に破ったり、名もない人を無下に扱うような人は、大きな結果や成功をつかむことはできない。
自分一人だけが一匹狼として活動するのであれば、小さな約束を守らず、小さな人を大切にしなくても仕事は回っていくかもしれない。
だが、数多くの人と関わる仕事をするのであれば、他者への想像力は必須だ。
一人一人と向き合い、小さいなプロジェクトを1つずつきめ細かく成功させていくうちに、信頼が積み重なり大きな仕事につながっていく。
以前あるホテルのロビーを歩いていたときに、若い起業家から突然声をかけられたことがある。
「☓☓の△△です。自分は◯◯の事業をやっていまして、株式上場の予定もあります」というような挨拶を早口でされた。
相手が名刺を差し出してきたから、突然のことながらこちらも丁寧に名刺交換したものだ。
その起業家とそのときに一緒にいた部下からメールが届いたため、誠意を込めて返信を送った。当の起業家本人からはその後何の連絡もなく、
なしのつぶてだ。ホテルの中を歩いている時に突然声をかけられ、立ち止まって名刺交換をしたのに、自分失礼な人がいるものだなと呆れた。
いくらビジネスでそこそこ成功したとしても、当たり前の挨拶や礼儀を大切にできない人がが成功し続けられるはずがない。
小事が大事、一事が万事である。同じ若い起業家の中でも、100万人に1人の爆発的な成功者はとても神経が細かい。
小さなことを大切にし続けた結果、彼らは誰もがうらやむ大きな成功と富を手にしたのだ。

(たった一人の熱狂 見城徹 より抜粋)



見城さんの言葉はいつもパワーがあって、刺激を受けています。


本質的な大事なことを話してくれていますね。仕事は人と人で成り立っています。それゆえ他者への想像力というのはとても大事。
若いうちから、どれだけ人と人の交わりによって自分を高めていけるか? を積み重ねている必要がある。
それができていなければ、40歳の時の自分は、ロボットに置き換わるスキルしか持ちあわせていないかもしれない。
人と人が関わり、大きな仕事になっていきます。小さな世界での成功はあるかもしれませんが、より大きな仕事で成功するには、
ありふれた言葉の「人間性」というところが大きく作用してくると思うのです。その人間性は細かな部分に現れます。
小さいことに真心を込めずに、相手の信用を勝ち取ることはできないでしょう。

その小さなことへの配慮は、毎日の小さな意識から始まります。突然真心を込めるなんてできなるわけもありませんし。


・おはようと笑顔で挨拶をする。
・声をかけられたら目を合わせて話をきく
・ありがとうに心を込める。
・非があれば謝る


すっごい単純なことだけ並べたけど、これさえできていない人はたくさんいる。
これを日々続けているだけでも、1年後に大きく変わると思う。

基本ができているから成功できるわけではないけど、成功している人は総じて基本がしっかりしている。
これがビジネスにおける真理だと思う。



小事が大事、一事が万事、、、、情熱!!!!!



Share on FacebookTweet about this on Twitter
Share on Google+