Passi ON
Satoru Suzuki

ダメな自分をそのまま受け容れる

こんばんは!情熱男です。

毎日笑っていられるって強い人だと思います。そういう人生を送りたいと思います。

さて、今日は久しぶりにアルフレッド・アドラーの言葉を取り上げます。


IMGP0034

できない自分を責めている限り、永遠に幸せにはなれないだろう。
今の自分を認める勇気を持つ者だけが、本当に強い人間になれるのだ。

(アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉 より抜粋)



こんな意味合いだと言っています。
「自分のダメなところをなくすのではなく、ダメな自分をそのまま受け容れることが必要です。
つまり、完全であろうとするのではなく、不完全なままの自分を受け容れるのです」と。そして「完全な人間など、この世に1人も存在しないからです。
ダメなところがあり、できていないところだらけの、そのままの自分を認め好きになるのです。」
 ということなのです。

とても素敵な考え方ですよね。
とくに日本人は完全であろう、間違えないようにしようと、二の足を踏む習性が強いと思います。
当然みんな不完全なのだから、勇気を出した一歩目をどんどん踏み出していきたいですね。

今現在の自分をしっかり受け止め、将来の自分のために毎日を積み上げる。
虚勢だけで今を生きていると、なにも積み上げられず、2年後3年後に弱い自分になってしまいますね。



仕事をしていて役職をもったから、自分が偉くなったと勘違いをする。先輩だから後輩よりも偉いと思い込む。
こんな人も多いですよね。そもそも年齢や役職で偉いとかないと思います。もちろん尊敬の念はお互いに持つべきだとは思います。
こういう勘違いは、やはり等身大の自分をしっかりと見つめていないからだと思うのです。
等身大の自分をしっかり理解した上で、役職であればその役割をしっかり担う。後輩からも仲間からもしっかり勉強する。
その先に強い自分がありますよね。



本当に強い人間になる、、、情熱!!!!

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+