Passi ON
Satoru Suzuki

毎日がいき詰り



こんばんは!情熱男です。

苦労は買ってでもした方がいいですよ。それぐらいの気持ちでいると、苦労が来た時前向きに挑めるものです。
さて今日はこんな話を。


いき詰まり

僕らは毎日がいき詰りだよ。いき詰らないほうが、かえっておかしいとさえ思う。毎日少しずつでも前に進んでいれば、必ずいき詰る。
ぼくは、石川島播磨重工にいたときに、社員にとにかく壁をやぶれといった。いろんな問題があるが、その壁を毎日やぶれといったんだ。
そうしたら、「私は壁がありません」というんだな。「そうか、ないか」「君は座っているんじゃないか、立って歩いてみろよ、
四畳半だろうが六畳だろうが、立って歩けばすぐにぶつかるよ」といったんだ。壁がないなんていうのは、問題意識がない証拠だよ。
だから毎日壁にぶつかれとそういうんだ。

(土光敏夫 信念の言葉 より抜粋)



とにかく前に前に進んでいたい。そうすると壁ばかりで困ったものです。とにかくいき詰まる。

もうここまでいい国の中にいたら、必要以上に向上心を持たなければいけないと思う。
そんな苦労する必要ないじゃんと思う人もいると思うけど、僕はそうは感じない。
今まで生きてきて、その壁を、そのいき詰まりを乗り越えるたびに、見える景色が変わってきた。

学生のときの部活もそうだし、受験もそう、会社に入っての様々な課題や役割、どれも乗り越えて景色は変わってきた

筋肉と一緒で、何かを壊すたびに強くなっていくのではないだろうか。

普段生活していても、ちょっとずつ自分に課題をセットしてみる。それをクリアいくっていうのでもいいと思う。
与えられた課題よりも、自分で課題をセットする癖がつくとなお良いから。

いき詰まって喜ぶぐらいの気持ちで、過ごしていたいですね。いき詰まっている時はいつも憂鬱ですけどね。



毎日がいき詰り、、、、情熱!!!!




Share on FacebookTweet about this on Twitter
Share on Google+